RICOHFLEX MODEL VIIs

という訳でリコフレ君であります。

2013年7月29日未分類

そんな訳で、RolleiFlexくんが去ってしまいましたので、俄然、リコフレくんの独壇場であります(笑)

被写体はかわりばえのしない郵便ポストくんであります。

なぁ~んかね~浮かせたくなるんだよなぁ~ポストって。

で!

RolleiFlex再チャレンジ情報です。

なぁ~んとRollieFlex 2.8Dが、ひじょう~に安く手に入りそうなんです!!

Planar 80mm F2.8っすよぉ~!!

前回のRolleiFlex Automat MXは、かなり状態がいい物(結果的にはそうではありませんでしたが…)で、しっかりした販売店さんから確実に購入しようとおもっていたので、結構、相場よりも高めのものだったんですよ。

で、その購入代金が返金されてくるので、その範囲で探していたところ…

むぅ~書くと長くなるので、経緯は、いつかお話するとして。

とにかく非常に幸運なことがありまして、当初の購入費用の2/3程度で手に入りそうなんですわ!ってか某オクで既に落札したのですがっ…(笑)

これで初期不良がなければ、なぁ~んと!ぷらなぁ~持ちになれるんで~す!!

まぁ~前回のことがあるので、油断は禁物ですがね。

また、経過はご報告いたします!!


改めて…リコフレってなかなかやるよね。

2013年7月27日未分類

とまぁ~そんな訳で、先日はじめて「RolleiFlex」くんを使った訳ですが…

んで、改めて私思うんですがっ!RicohFlexなかなかやるよね!

だって、発売当時(1951年?)のRolleiFlex Automat MXの価格が147,000円!当時の日本人の一年分の年収?あるいはそれ以上の値段だったわけですよ。

現在の価値に換算すると、400~500万円したわけです!ヒィ~!

それに比べ…わがRicohFlex VIIsなんかは、一万円以下(8000円くらい?)で買えたわけです(当時の月収の半分強みたいな値段)。

で!案外、いい仕事をしてくれるわけですもんね。

まぁ~そ~んなことを言いつつも、Rolleiが帰ってくれば、RicohFlexちゃんの稼動が下がるのは必至なんですがねっ(笑)

だってぇ~二眼の王様なんだも~ん!クリッ!


夜景もやってみた!

2013年7月23日未分類

夜景もやってみました!

一枚目は手持ちで…ssは忘れましたが、かなり粘りましたっ!

二枚目はさすがに三脚を立てております(汗)

昨日の黒顔羊さんのエントリーにもありましたが、二眼って案外手ぶれしないんですわ。

もう!わたしゃぁ~6×6二眼の世界にどっぷりです!!

あれぇ~なんか二枚目の写真は縦長ですねぇ~

こう暗いとフィルムの切れ目がわかりにくく…変なスキャンしてしまっております…ハハ


被写体との間にあるもの

2013年7月22日未分類

二眼って、これまで使ってきたカメラとは、感覚が全然違っていて…

これまでは、さぁ~写真をとるぞ!っていう感じで、ファインダーに集中!被写体と自分の間にカメラがあるって感覚。

二眼は、被写体と自分との間にはなにもなく、そこに第三者的にカメラが存在してるって感覚なんだよね。

大げさではない感じ?って言えばいいのかなぁ~!むぅ~自然な感じ!ってほうがいいかも。

機能的なことも含めて、それぞれの長所、短所はあるんだけど、僕のような写真を撮る人(僕のような写真ってなに?っていう突っ込みはなしで!あくまでも僕のなかの感覚ね!スナップ的な写真みたいな…)には、この二眼の撮影スタイルがとてもフィットするんだよね。

って、感化されやすいなぁ~俺っ…ハハ(汗)


完結する物語

2013年7月17日未分類

黒顔羊さんの受け売りですが…

スクエアフォーマットって不思議な世界だなぁ~と。

中判とはいえ、80mm(レンズには8cmと書かれておりますが…笑)のレンズなので、視野を完全にカバーしている訳ではないのですが、なぜかそこには完結した物語が感じられるんですよね。

完結した物語を読んだあとのエンドロール的な余韻とでも言えばいいのかなぁ~

なぁ~んてねっ!ちょっとかっこつけすぎですな…ハハハ

もちろん、4:3や3:2にも、それぞれのよさがあるんですが、私には、この1:1がハマリっ!って感じがしてなりません。


Oh! Mistake!

2013年7月15日未分類

私にとって初のウエストレベルファインダーなんですよね。

昨日のサルスベリのように上から見下ろす構図は、とても大変ですが、逆に言えばローアングルはとても楽。

がっ!

ピントをあわせたときのカメラの位置とシャッターを切るときのカメラの位置が…ずれやすいんだよねぇ~

まぁ~ウエストレベルファインダーのせいというよりも、ルーペをパタパタやってしまうせいなんですがね。

この写真もそうですが、若干、前ピンになってしまっております(汗)

まぁ~始めはいろいろありますやね。ハハハ。

で。

いろいろあると言えば…やっちまいました!

お約束の多重露出であります(笑)

フィルム巻取りを忘れ…次のシャッターをきっちまいましたぜ!!オホホホ!

シャッター切った瞬間に!あ~やっちゃたなぁ~と!気付いちゃうところがっ!頭にくるんだな!これがっ!

ああぁ~そういえば、このフォルムでは、一枚なぁ~んも撮らずに巻いちゃたコマもありましたね(汗)

645の自動巻取り!大変に便利な機能であります!

進歩とはすばらしいですな!ワハハ!


RICOH FLEX VIIs 試写レポート「そこはほれ!やっぱ6×6だもんね!」

2013年7月14日未分類

60年近く前のカメラだからと侮っていた私に痛烈な一撃を見舞ってくれたRICOH FLEX VIIsくんですが…さすがは6×6のフォーマットだよねって話です。

あたりまえの話ですが、645よりもフォーマットは大きく、バケペンの67サイズにほぼ匹敵するサイズなんだよね!

ということは、当然、645もよりもさらに浮くわけですわ。

ただし、ssが1/200までってのと、おいそれとNDフィルターなんぞは付けられないので、制限はありまくりなんですがね。

いずれの写真も、開放(F3.5)ではありませんが、描写はしっかり中判なんであります。

そのうち、もっとばっちり浮かせてみせますが、今日のところは、こんな程度の完成度で勘弁!ね!

 

んで、余談が二つ!

 

下の写真は熊谷駅構内の時計なんですが、この写真を撮ったあとに、変な女に声をかけられたんですよね。

「今!何を撮られていたんですか?」(変な女)

むむっ!さすがリコフレ!このカッチョよさに女も魅かれるのかぁ~と思っ私は…

「おおぉ~あの時計を撮っていたんですよ!こうやって上から覗いて撮影するんですよ~♪」(僕)

「今!女の子撮ってましたよね!!」(変な女)

「は?」(俺)

「今!あの女子高生を!撮ってたでしょ!」(変な女)

「いや!いや!あの時計ですよ!」(僕)

「あんな時計なんか撮るはずないじゃないですかぁ~!」(変な女)

…な~んていう事件があったのですわ!トホホ

まぁ~その後もやり取りがあり…変な女のほうは納得はしていない様子でしたが、まぁ~ちょっと変な感じの女だったのでねぇ~まぁ~いいやっと。

それにしても…あんな時計撮る訳ないじゃないですかっ!とは失礼な!

撮るワイ!ほっとけ!っつうの。

こっちは!浮かしたいのだよ!中判でなっ!

スマホとかでしか写真を撮らない野郎につべこべ言われたくないわい!

しかもだなぁ!

女の子盗撮するんなら…IIsに望遠つけてやる!っつうの…イヤ!チガウカ…ハハ

 

で、もうひとつの余談は…

 

このリコフレはVIIs=7sなんですが、字面からみる5IIsとも見えなくはないなぁ~と!

RICOH FLEX 5IIs!な訳ですよ。

ハハ!


いい意味で裏切られました!めっちゃよく写るじゃん!

2013年7月13日未分類

ちょっと!これ!なに!めっちゃよく写りますやん!

このカメラ、ほんとに60年前のカメラ?

正直、ここまでしっかり写るとおもってなかったので、うれしくて鼻血がでそうでやんす!

しかも、憧れの6×6スクエア・フォーマット!マンモスうれぴぃ~!フル!

それにしても…

超控えめなシャッター音に戸惑いました(笑)

もう慣れましたがっ!ハハ!

リコフレの雄姿はこっちね


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。