FUJICHROME PROVIA 100F

まだまだ続きます…浮遊への挑戦!

2013年6月18日未分類

しかし…なかなか絞った写真を撮れません(笑)

ファインダーを覗いていると、どうしても絞りを開きたくなってしまいますね。

なので、またもや浮遊感への挑戦です!!

今日の浮遊感は、前ボケを積極的に使ってみたパターンですね。

前後のボケで、中央部分を印象的に!っていう狙いですが…


自転車を浮遊させようと…

2013年6月17日未分類

やはり、折角の中判ですからね。自転車を浮遊させようとしたのですがっ!

視度調整がずれていたんですねぇ~

ピントがもうひとつあまく…

こういう時って、なぜすぐに気付かないんでしょねぇ~?なんか今日は目の調子が悪いなァ~って!

645の視度調整って簡単に動いちゃうんだよなぁ~!これ不満!!

そんで。

例によってフジツボ化を試みたのですが、すんごい周辺減光!ハハハ!!ダメだこりゃ!!!


水飲み場

2013年6月16日未分類

公園にある水飲み場ですね。

子供ころは、公園の水道なんから水飲んだものですが、いまどきの子供はどうなんでしょう?水道から水を飲むってこと自体、あまりやらなくなりましたもんね。

喉が渇くと反射的に自販機やコンビニを探してしまいますが、これ飲めばいいんじゃん!って、改めて気付き…贅沢になったもんだ!って思ったりしますね。


赤いブランコ

2013年6月15日未分類

公園は、浮遊被写体の宝庫です。

近所の児童公園なんですが、さすがに645を持ち込んで、あ~でもない、こ~でもないってやっているとさすがに公園ママたちの遠慮ない怪訝な目にさらされます(笑)

しかも、ありえない爆音をたてますからね(爆)


公園にて

2013年6月14日未分類

開放でどうしても撮りたくて、公園に持ち出した時の写真ですね。

さすがに中判ですね。

バケペンのほどの浮きあがり感はないのですが、まずまずの浮遊感であります。

この手の表現を、もう少し上手に使えるようになりたいもんです。


凝った意匠

2013年6月13日未分類

なかなかに凝った意匠の外灯、門扉です。

最近は、凝ったデザインの住宅が増えてますが、ここ熊谷あたりは、東京などど比べると段違いに土地が安いので、上物にお金をかけることができるんでしょうねぇ~。

もちろん、東京あたりにもデザイン住宅はたくさんあるんですが、なにしろ土地が狭小なためなのか、趣向がちがうのか、シンプルモダン系が多いようで、こういった欧州のかほり漂う意匠はあまりみかけません。

ちなみに、外灯にピンをもってきたかったのですが…ちょっと甘いね。


McCloskey

2013年6月12日未分類

McCloskeyというあまり見慣れない働く車を発見しました。見ていると、土砂ををこして、粒度のそろえるためのマシンのようです。

網で模られたロゴの部分がカッチョよかったので撮影してみました。

全体を撮影した写真は、例によって失敗でした(笑)

しかし、中判もってからこういうものに、特に目がいってしまいます。黒顔羊さんや皐月の樹さんの影響をもろにうけているようですな(笑)


夕暮れベンチ

2013年6月11日未分類

こういう被写体には、645を向けたくなるんだよなぁ~

このくらいの大きさに被写体なら、IIsとFA31開放となから同じようなボケは得られるんだと思うけど…なぜかその気にならないのだわ。

この心理!まだ解明できません!

大げさすぎず、だけどしっかり夕日の色、RDPIIIマジックですね。


美しいグラデーション

2013年6月10日未分類

これまで撮影したフィルムのスキャン作業がひと通り終わりましたぁ~フゥ~

NEOPAN 100 ACROSが二本!PROVIA 100Fが六本!!大体感じがつかめてきたかなぁ~というところかなっ!

で、この週末は撮れなかったので、しばらくは、このスキャン終了フィルムのなかからの蔵出しになります。

それにしても、改めて写真を観察していると、やっぱPROVIA!っていうかポジフィルムの色の再現性、諧調性の高さにあきれるばかりですね。

このブログにあげてどの程度その凄さが伝わるのかわかりませんが、驚いてしまった写真を二枚UPします。

この画像は既出なのですが、きちんとスキャンしてものを改めてUPしますね。

このサイズだといまいちなんですが…青空と白いくもの滑らかさが半端ないでのすよ。まるでシルクのようなのであります。

こちらの写真は、比較的伝わりやすいですね。

この青からオレンジに変わっていくグラデーション!ありえない無段階グラデーションですよねぇ~ハァ~

 

どちらの写真も構図的には、納得がいっていないので、ここのUPすることを迷ったのですが、やっぱり、この滑らかな諧調は見せずにはおれませんでした…アセ

さすがに、これはデジタルでは今んとこ厳しいでしょうねぇ~

まぁ~デジタルにもがんばってもらって、このレベルに到達してほしいのですが、理論的に可能なのかなぁ~?

フィルムのほうは進化が止まってしまっているので、いつかは追いついてしまうんでしょうけど…フィルムもどんどん進化していってほしいなぁ~と!


ちょっと前の紫陽花

2013年6月7日未分類

ちょっと季節外れになりそうなので、あわてて紫陽花です。

もうすでにこちらでは、紫陽花が完全に見頃状態になってまして、この写真は、2週間くらい前の咲き始めの頃の紫陽花です(汗)

645持ちたてだったので、おもしろくて絞り開き気味で撮ってますね。こういう被写体は、もう少し絞ってもよかったかもしれません(反省)

いやぁ~うす曇だったので、絞り開けても撮れるなァ~って思ってしまったのですよ(※まだNDフィルターがきてなかった…)

それに…NEOPANでモノクロってもいいかもですね。

まだ、紫陽花はチャンスがあるので、NEOPANもやってみようと思います。

こちらでもお知らせしておきますね。

土日はブログ更新やすみま~す!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。