2013年11月28日

名古屋港九号地と「兵(つわもの)の領域#1」

2013年11月28日未分類

錆銀侍どもの名古屋合宿二日目は、うららかな秋の陽気に惑わされることなく!一直線に工場あ~んど港湾地帯、名古屋港九号地からハードボイルドに始まりました(笑)

いきなりタンクがど~ん!煙突がびよぉ~んと聳えてまして…エキサイティングなひとときでありました!!

名古屋港九号地

名古屋港九号地

ねっ!タンクがど~ん!なんですわ。

名古屋港九号地

んで、さらに煙突がにょっきり!で。

ほんで海のほうにいくと…

名古屋港九号地

パイプのはう桟橋の向こうには製鉄所がっ!

名古屋港九号地

そんでもって、巨大クレーンがど~ん!なのであります!!

この名古屋港九号地には、陸側と海側で、都合1時間半~2時間くらいいたのですが、そのなかで、私なりにある種の想いを持って撮影したカットがありまして…

それをテーマ作品としてみました。

題して「兵(つわもの)の領域」であります。

 

兵(つわもの)の領域

 

兵(つわもの)の領域

兵(つわもの)の領域

工場や工業地帯、そこに連なる港湾域の雰囲気は、戦場(いくさば)のイメージと重なりあう

武具もなければ、櫓もなく…侍もいない

が、「経済」という名の戦が、今、現在も進行している

そこは、まさに「兵(つわもの)の領域」と呼ぶべき特別な空間なのだ


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。