2013年11月

錆銀侍的衝動写真とは…

2013年11月30日未分類

一昨日の名古屋港九号地で作ってみた「兵(つわもの)の領域」の選に漏れた写真を二枚ほどご紹介です。

って、なぜ、漏れたものをボツにせずに紹介するかというとですねぇ~

いやぁ~単にお気に入りなんですよ(笑)

けど、僕の中では「兵(つわもの)の領域」には入れられませんでした。

なんだろうなぁ~魂が入っていないというか、なんというか…テーマを見つけることができなかったんだよなぁ~

いわゆる…「撮らされ写真」なのかっ!?

が、いいんだす!アハハ!

名古屋港九号地

名古屋港九号地

つぅ~か、錆銀侍ならこれ!撮るでしょう!やっぱ(笑)

もう、この光景を目の前にして、スルーできませんって!実際!!

ってか、これをスルーしたら、男一匹!錆銀侍を名乗れませんです!はい!

むぅ~しかし、この光景を前にして、衝動的に撮らされるってのもね。

普通に考えると…

どうかしてますな。ハハ。

 

PS.明日はブログお休みしま~す!!


吉祥寺の秋と四季の光彩「秋」#2

2013年11月29日未分類

先週末は子供の学芸会やら野球やらで、久々の家族サービスでした。

吉祥寺・井の頭公園あたりは、紅葉で綺麗な時期だろうということで、「四季の光彩」シリーズの撮影に集中しようと、K-5IIsとFA31、FA77だけを持って帰りました!

それにしても、毎年のことですが、井の頭公園の紅葉は見事なものでして…しっかと撮らされてきました(笑)

まぁ~撮らされ写真に関しては、ちょっと達観してきてまして…どうせ撮らされるんなら、しっかり撮らされようと!

いやっ!撮らされ写真ではなく!記録作品だとっ!

とまぁ~このように考えることにした訳ではあります…ナハハ!

井の頭公園の紅葉

ここいらは公園の西の端のほうでして、椛はなく、桜や欅、銀杏やら混在するゾーンですね。

井の頭公園の紅葉

井の頭池をバックに椛の紅葉です!定番ね。

井の頭公園の紅葉

公園の東側からのぞむ井の頭池と紅葉の森!

はい!しっかり記録ね!

んで。

ちょっと肌ざむいこの季節の吉祥寺ランチはラーメンで決定!

荻窪ラーメンの王様「春木屋」さんであります。※ちなみに吉祥寺には春木屋さんの支店があるんです。

春木屋のラーメン

これぞ東京ラーメンの定番!醤油ベースのスープには鰹節やらなんやらの海鮮だしがバッチリ!

ちなみにこの構図は、風つかいさんの構図をちょいとパクリやした(笑)

春木屋のラーメン

もちろん!黒顔羊さん直伝の秘技「左手一眼レフの術」で極太麺を激写です!

 

とまぁ~こんな感じで週末は、紅葉とラーメンを満喫したわけですが、しっかり「四季の光彩シリーズ」の撮影にもチャレンジしましたよ!

 

四季の光彩「秋」#2

 

四季の光彩「秋」

四季の光彩「秋」

 

今回、作品シリーズを意識して、というか、明確なテーマのもと撮影をしてみたのですが…

正直!ほんと面白いです!

K-5IIsを片手に被写体の周りをうろうろ、しゃがんだり、見上げたり…アハハ

なんか、凄く集中できるというか、なんというか…とにかく面白い!

こりゃぁ~やめらんねぇ~っすわ。


名古屋港九号地と「兵(つわもの)の領域#1」

2013年11月28日未分類

錆銀侍どもの名古屋合宿二日目は、うららかな秋の陽気に惑わされることなく!一直線に工場あ~んど港湾地帯、名古屋港九号地からハードボイルドに始まりました(笑)

いきなりタンクがど~ん!煙突がびよぉ~んと聳えてまして…エキサイティングなひとときでありました!!

名古屋港九号地

名古屋港九号地

ねっ!タンクがど~ん!なんですわ。

名古屋港九号地

んで、さらに煙突がにょっきり!で。

ほんで海のほうにいくと…

名古屋港九号地

パイプのはう桟橋の向こうには製鉄所がっ!

名古屋港九号地

そんでもって、巨大クレーンがど~ん!なのであります!!

この名古屋港九号地には、陸側と海側で、都合1時間半~2時間くらいいたのですが、そのなかで、私なりにある種の想いを持って撮影したカットがありまして…

それをテーマ作品としてみました。

題して「兵(つわもの)の領域」であります。

 

兵(つわもの)の領域

 

兵(つわもの)の領域

兵(つわもの)の領域

工場や工業地帯、そこに連なる港湾域の雰囲気は、戦場(いくさば)のイメージと重なりあう

武具もなければ、櫓もなく…侍もいない

が、「経済」という名の戦が、今、現在も進行している

そこは、まさに「兵(つわもの)の領域」と呼ぶべき特別な空間なのだ


アイボクスナップ

2013年11月27日未分類

ちなみに、アイボクこと愛知牧場は「虎」牧場ではありません(笑)

れっきとした牧場(観光牧場)なんですよ。

虎ばっかご紹介することで勘違いされ、営業妨害になってはいけませんので、牧場らしいとこもしっかとご紹介しておきますね(笑)

牧場遠景

なにげに牧場でしょ!

それにしても…もう少しハイアングルから撮ればよかった…

Rolleiflexは二眼レフカメラなので、ビューレンズでみた景色とテイクレンズで撮る景色がずれるのよね…ナハハ

手前に背の高い障害物がある時なんかに顕著に失敗するんです…まさに失敗の好例のような写真ですね…スポーツファインダーを使えってか!

まぁ~感じは伝わりますよね(笑)

まさに牧場

厩舎

牛さんがのんびり、お馬さんが厩舎から顔をだし…これぞ牧場ですな!

あくまでも虎はおまけですよ!勘違いなきよう(笑)

お花畑

コスモスのお花畑なんかもあるのよね。さりげなく背後には虎を入れてますが…アハハ

とまぁ~こんなところなので、当日も家族連れのお客さんがたくさん来場していました。

関東近郊の観光牧場とは違って、人もいやになるほど多くもなく、商売っ気もそこそこで…とてものんびできる牧場であります(PRね!)

皆様も機会があれば、是非、訪れてみてはいかがでしょうか(再度、PRね!)


虎あれこれ。

2013年11月26日未分類

名古屋合宿の虎コレクションのラストは、あれこれカットであります。

虎だけで3本も撮っておりますので、ご紹介するのも3日がかりですね(笑)

実は、これ以外にも、作品ラインののっけようと思っている虎カットがありまして…それは、また後日!

マッセイ

マッセイ

フォードソン

マッセイ

フォードソン

三日連続の虎…コンプリートであります。

ところで、この週末は、K-5IIsとFA77、FA31で、東京で「四季の光彩:秋」をテーマに撮影してきました!

名古屋合宿で、「カメラは筆!」を意識してカメラを使い分けるってことを覚え、あたらめてIIsを使うのが楽しくなってきてます!

また、写真は後日ご紹介します!!


アイボクの虎

2013年11月23日未分類

名古屋、虎コレクションの第二弾は、アイボク(愛知牧場)の虎たちでありやす!

家元に言わせれば、Rolleiflexで撮る被写体ではない!とか言われそうですが、中判の浮遊感…これは止められませんね(笑)

いざ!アイボク虎を成敗いたす!

マッセイ

黒顔羊さんいわく…

いつもは、倉庫に入っていることが多いそうなので、貴重なマッセイくんの雄姿であります。

やっぱ、ローアングルからの虎は、存在感抜群ですなっ!

マッセイ後姿

なので、サービスカットの後姿も!イヤァ~ン!

んで、マッセイ!もういっちょ!

マッセイ

こちらは、また別の場所のマッセイくんであります。

※11月26日追記:よく見ると…インターでした!

大好きな逆光であります!!

フォードソン

で、アイボクのアイドルこと「フォードソン」ちゃん!

まんまるのおめめがかわいいんですわ(笑)

インター

んで、最後は、アイボクのシンボル「インター」であります!

アイボクのどこからでも見られる丘の上に、どっしりと構えてます!

むぅ~成敗するってのとは、ちょっと違いますね(笑)

 

PS すんません!明日、明後日はブログ休みます!コメントなども遅れがちになります!家族サービスであります!


虎コレクション

2013年11月22日未分類

祝!現像完了!!

ようやく名古屋合宿の全127枚!NEOPAN11本分の現像完了なのであります!!!

さすがに11本もあると大変でした(汗)

ただ…悲劇も!

現像そのものは失敗しなかったんですが、フィルムをカットする際、おもいっきりコマの真ん中でカットしてまったダァ~

まぁ~仕方ありませんね。PCでくっつけます!

とまぁ~そんなこんななのですが、本日からは、名古屋合宿初日の虎たちを続けていこうかと。

まずは、黒顔羊さん宅周辺に点在する野生の虎たちであります。

マッセイファーガソン

まずは、マッセイたちの群れであります。

フォード

んで、フォード虎!

芝浦

で、芝浦の虎。顔がかわいいし。

三菱とマッセイ

こちらは、国産虎の三菱とマッセイのコラボ…背後に実はフォードもおります。

フォード

んで、こいつが背後にいるフォード。渋い!

いやぁ~しかし、虎のだけで、3本くらい撮ってたのよねぇ~!まぁ~初日だったので、張り切っておりやした!

明日は、アイボクの虎でいきやす!


四季の光彩「秋」#1

2013年11月21日未分類

こんなに作品のラインを作ってしまった大丈夫かなぁ~とかって思うのですが、すっかり、テーマを持ち、追いかけるってのいうことの魅力にはまりつつあるのですよ。

んで。

RolleiflexとGRでは、いくつかのテーマを設定できている(Rolleiflexに関しては、まだあるんですが…汗)ので、今度は、K-5IIsで追っかけるテーマが欲しいと。

で、考えましたよ。

そもそもK-5IIsは、家元のカメラは筆理論でいうと、一番汎用性の高い中筆なのですよ…タブン!

汎用性は高いってことは、それだけ特異性という点では不利だけど、フォーマットサイズうんぬんよりも、IIsはデジタル!

ってことは、RAWで撮影ができる→ポスト現像でかなりいろんなことができる!しかも、クリアな発色!さらに、FA Limtedがある!

ってことは、やっぱカラーでいくしかないっしょ!今でしょ!ってことで、ストレートに「光彩」でいこうと思ったわけであります!ワカリヤシィ~!

しかも!四季の光彩!ってことは、オールシーズンいけるんであります(笑)

まぁ~正直に言えば、最近の皆さんのブログで、さんざん紅葉の写真を見せつけられておりまして…おいらもやりたなぁ~って気持ちがないわけでもないんですがっ!アハハ!

 

四季の光彩「秋」

 

四季の光彩「秋」

四季の光彩「秋」

四季の光彩「秋」

四季の光彩「秋」

四季の光彩「秋」

日本には美しい四季がある

光と彩の四季は、山にも川にも海にも、そして街角にも訪れるのだ

ならば、その四季の光彩を愛でようではないか

 

一応!撮らされてない!つもりなんです(汗)

にしても…RolleiflexとかGRでモノクロばっかやっているので、どうもアンダーにふる傾向が…ナハハ!

あいやっ!錆銀侍は、ハードボイルドに光彩を切り取るのでござる!!

バカ?


いかにも休日的な写真をまとめてみた

2013年11月20日未分類

名古屋合宿二日目の土曜日は、名古屋港や市内での撮影でした。

もちろん、ハンターたちは、ハードボイルドを求めて徘徊していた訳ですが、土曜日ということもあり、そちこちに休日的な光景もありまして…

まぁ~さほどに意識して撮った写真ではありませんが、まとめてみると面白いかなァ~と。

休日の名古屋

休日の名古屋

休日の名古屋

休日の名古屋

なんとなくセピアにしてみた!

猫ちゃんの写真は、Rolleiflexの速射ケースでケラレてるね(笑)

まぁ~いっか!

以上!休日の名古屋の様子をお届けしましたっ!


神域(しんいき)#1

2013年11月19日未分類

今回の名古屋合宿では、黒顔羊さんご尽力により、プロの写真家(家元)の方に写真を見ていただくという機会を作っていただきました。

なので、私も恐る恐るこれまで撮影してきた写真を何枚か持ってきました!

ただ、これまで撮影した写真だけでは、どうしても納得がいかなかったので、合宿直前にNEOPAN二本を撮影し、その中からもチョイスし…ロケ地は、地元熊谷の高城神社というところでして、一応、テーマは「神域(しんいき)」です。

もっとも、始めから明確に「神域」というテーマを持っていたわけではなく、高城神社に入って撮影しているうちに、そこにまさに神の存在を感じてしまうような空気感というか、厳粛な雰囲気を写して見たくなり…神域というテーマを設定してみたわけであります。

一応、組写真で考えていたのですが、どういう風に組み合わせたもんかなぁ~て!アハハ!

まぁ~出たとこ勝負ってことで、家元にお見せしたところ…ささっと、その中から5枚をチョイス、並びを整え組写真を構成していただきまして…しかも、リップサービスなんでしょうけど、ちょっとお褒めをいただきました(喜)

まぁ~リップサービスであろうがなかろうがっ!すっかりその気になり、こっ恥ずかしいテーマまで設定して、前のめりで撮影に励んでいるわけですから…ありがたい話なんであります(笑)

そんでもって何か凄いって、実は、そのうちの二枚は、神社の境内ではなく、神社近くの公園で撮ったカットだったのですよ。

実は、神社では撮れなった抽象的なイメージを撮ったものだったのですが、これもセットですとは言えなくて…

しかし、家元は、なんの迷いもなく、この二枚をチョイス、こちらの意図を簡単に見抜き…

恐れ入りましたぁ~!

ああぁ~前置きが長いですね(汗)

以下が家元にチョイスしていただいた「神域」であります。

神域(家元バージョン)

※クリックでちょと大きくなります

あれぇ~二枚目と四枚目は逆だったかなぁ~!いかんなぁ~!俺!

とっ!ここまでは、名古屋合宿での話。

 

で、この神域ってテーマはこれからも追いかけていきたいなぁ~と思ってます。

んでもって、上の五枚組の中で、二枚目と五枚目を残していきたいと。

いや!あの時点では、上の五枚を納得して持っていったんだけど。

戻ってきて、すっかりその気になった私(笑)としては…二枚目と五枚目以外は納得がいかんとっ!

思ったりしておるんでありますっ!

 

神域(しんいき)

 

神域

神域

神々を祀る神域には、そこに在る神を感じる何かがある

その何かに感応するもの

それは、日本人のDNAに深く刻み込まれているのだ。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。