2013年10月

よりビネットしてみる

2013年10月31日未分類

吉祥寺街写

例のケラレフードでとったカットなんですが…

先日の皆様からの暖かいコメントにヒントを得、元々四隅が若干ケラレている写真をさらにSlikyPixでビネットしてみたよ(笑)

なんか自分で言うのなんですが…面白いね!

この写真、没の予定だったのですが、よりビネットしてみたら、ちょっといいなぁ~って…アハハ

もっとも、既にケラレフードはヤスリで削ってしまったので、ナチュラルビネットは出来ないのですがね(笑)

まぁ~今は、SlikyPixとかを使えば、ソフトウェア的にビネットできるから、何もわざわざケラレフードを使い続ける必要はない訳でして…便利な時代になったもんです!ウン!


中判で絞る!

2013年10月30日未分類

忍城の橋

絞りを操作する楽しさって、フィルム中判カメラを使うようになってから…倍返しになったような気がするね!!

開放近くの浮遊感は言わずもがな!絞るときでもF16くらいあたり前田の乳ボーロで、レンズによってはもっとめちゃめちゃ絞れるしね。

今年の春先、絞ったときの立体感みたいなものに熱中していた時期があったけど、中判フォルムにすると、あっさり出来ちゃった訳で…アハハ

こんなような写真を撮りたかったんだよね。僕は。

ボケを使った非現実的?非日常的?な立体感もいいんだけど、このパンフォーカスな現実感のあるリアルな立体感!も好きな訳ですよ!

という訳で、三脚使ってがっちり絞った写真をしばらく撮ってみようかなぁ~なんて思ってます。

なので…

早速、Rolleiflexの速射ケースの底に穴を開けました(笑)

三脚にすぐに装着できるようにね…ナハハ

あっそうそう!

IIsにFA77をつけて、6分割くらいの写真を撮って合成するってのもやってみようかと…比較すると面白そう!!

むぅ~でも、そん時って、フォーカスは変えちゃいけないんだよね?ん~?

ちと研究が必要のようですなっ(-。-;)


夜の帳

2013年10月29日未分類

夜の帳が下りる

前エントリーのススキと一本木よりも少し時間がすすみ…荒川河川敷にも夜の帳が下りてきました。

この日の狙いとしては、Ektarで夕景の美しさを!ということだったのですが、前エントリーにあわせて撮った夕景のススキも夕日の一本木も出来は、いまいちでして…むしろ夜の帳が下り始めたこの時間帯のほうが、Ektarの発色にはあっているようです。

要するに、モノクロになる夜の世界と色彩豊かな夕景の間にある微妙な感じですね。

実際、現場では、どのくらい撮れるんだろう?ってかなり半信半疑で撮っていたのですが、思いのほかイメージに近い仕上がりになりました。

夜の帳が下りる

ところで、周辺減光がひどいと思いません?

実は、RolleiFlexにも、フジツボフードを装着し、カスタマイズしておりまして…ちょっとフードの口が小さかった…アハハ

なんで、現在は、フジツボフードの先をヤスリで削り取って更なるカスタマイズを施しております…ワハハ

いづれカスタマイズしたRolleiflexの写真ものっけようと思いますが、まずは、名古屋合宿で、自慢のカスタムRolleiflexを、お披露目しようかと(笑)


GR Snaps II

2013年10月26日未分類

先日のGR Snapsのときにも思ったことですが、このGRってカメラは、おとなしくサブに甘んじているカメラではないですね。

さすがRicohの伝統の機種というか…侮れない実力をもってますわ。

なので、本日は「GR Snaps II」として、またまた、GRを主役にしてみました。

写真は、先々週にきた台風の直後の荒川河川敷であります。台風後の凄い夕景をとおもって向ったのですが、今回はあてがはずれました…がっ!夕日に輝くススキをみることができました。

輝きと風と

広範囲に群生していたわけでもなく、かつ、足場もかなり悪い!

こういう時には、GR!強いよね。

感覚的に構図を決めて、片手でシャッターを切ることができます!

そんで、この写りだもん!文句ないわ(笑)

でね。

こうなるとGRでも一本木をやってみたくなる訳でして…

夕日と一本木

6×6のような完結したスクエア構図ではないので、ひと工夫してみました!!

むぅ~GR!面白い!!憎い奴なんであります!!!


妻沼聖天山で反省三猿?

2013年10月25日未分類

妻沼聖天山本殿

今は熊谷市になりましたが、熊谷市の郊外、利根川を挟んですぐ群馬県というあたりに「妻沼聖天山」というお寺があります。

親しみを込めて「しょうでん」さんとこのあたりの人は呼びますが、実は先日、国宝に指定されたんです!!

国宝に指定されたのは、この写真の奥のほうにちょこっと写っている奥殿(おくどの)なんですが、建物一面に日光東照宮の三猿的な彫刻がたくさん施されております。

作は、日光東照宮と同じく「左甚五郎」と言われておりますが、制作された年代が確か100年くらい?は違うので、こちらのほうは三代目とか四代目くらいなんじゃないかと言われてます(笑)

ところで。

国宝とかって紹介しておいて奥殿の写真がちゃんとないじゃないかぁ~というツッコミ…当然ですよね(笑)

いやぁ~実は近寄るのは有料なんですわ…アハハ

いくらか忘れましたが、大した金額ではないので、ちゃんと払って撮ろうとは思っていたのですよ。ホントニ!

が、既に時間が遅く…入れなかったんっす。

イヤ!ホントですよ!ケチった訳ではありませんからね(汗)

妻沼聖天山本殿

本殿正面からはこんな感じです。

ねっ!境内には人影もなく…もう、お仕舞いの時間だったのですよ(滝汗)

で、気を取り直して…アハハ

 

それにしても。

NEOPANのラティテュードの広さには感心させられます。

一枚目も二枚目も、夕方ちかくに撮ったにもかかわらず、背景の西の空が飛ばないんですよねぇ~

ってか、飛ぶ気配すらないし!

これ、デジタルだと飛ばさないようにするのは、非常に難しいのですよ。

多宝塔

で、これが証拠ね(笑)

同じ境内にある多宝塔をGRで撮ったのですが…

完全に空!飛んでるしぃ~!ワッハッハ~のハァ~!

まぁ~ねっ!

ここんとこラティテュードの広いネガフィルムばかり使っているので、す~かり、露出がアバウト…オホホ(汗)

イカンぞぉ~!!

反省の三猿ですな(笑)

いや!あれは、見ざる!言わざる!聞かざるかっ!

反省猿は日光猿軍団ですね(笑)


夕景の美しさにどこまで迫れるのか?

2013年10月24日未分類

利根川堤防からの夕景

すっかり、NEOPANは、私のメインフィルムなんだな。

で、当たり前ですが、モノクロな訳です。

となると、これまで使ってきたEktarやRDPIII、RVP-Fにはあった「色」がない…まぁ~当然ですな(笑)

なので、被写体の傾向にも変化が現れてしまってますが、それじゃ~不満なのが、私なんであります。

これまでも、絞って立体感を出したい!とか、APS-Cで中判の描写に近づきたい!とか、まぁ~いろんなチャレンジをしてきた訳で…そんなあっしなら、当然、色彩が売り?の被写体の美しさにモノクロでどこまで迫れるのか?という点を糺したいと思うのは、ある意味、自然な流れな訳ですよ (≧ヘ≦) エッヘン

で、やってみたのね。夕景で。

ちなみに、スキャンしてそのままではありません。

SlikypixのHDR機能を使ってシャドーになっている河原部分を上げ、かつ、トーンカーブを若干いじって、空を暗めにし、雲を強調してみております。

まぁ~昔なら、プリント時に「覆い焼き」をやったり、撮影時にカラーフィルターなんかを使ったんでしょうけど、まぁ~そこは、ほれ!デジタル時代の恩恵にもあやかりつつね (〃’∇’〃)ゝエヘヘ

で、結果。

自分的には…よくわからん!!ナハハ!

とうか、いろいろやっているうちに、わからなくなってしまい…評価は是非、皆様にいただきたいなぁ~と…アハハ

ちなみに「GR」で撮影した”カラー”写真は、これね。

GR版「利根川堤防からの夕景」

どう?迫れてる?

むぅ~やっぱ色があったほうがいいんかなぁ~

 

ああぁ~また、忘れてた!!

この写真!自家現像四本目ね!まっ!一応、言っとかなきゃね!


GR Snaps

2013年10月23日未分類

GRは、僕の中ではRolleiflexのサブ機的な位置付けだった訳ですが…といいつつも最強スナップシューターであることも事実!

やはり、その速射性能は素直に凄い!

取り出す!感覚的に構図を決め、シャッターを切る!

この感じは、正直、気持ちいい!!

車窓

野良猫

Rolleiflex

夕景の荒川

塀の上

こうやって見ると…

縦構図ばっか(汗)

なぁ~んか!こう構えちゃうのよね(笑)


一本木?と一本木

2013年10月22日未分類

一本木?

自家現像一本目の一本木?であります。

下のほうには低木があるので、一本木というには微妙なので一本木?であります(笑)

しかし、この写真を見たとき久々に「NEOPAN来たな!」と思わされましたよ。

やはり、NEOPAN!超絶なでぃてぇ~るを表現してくれます。

レンズやピンなどいろんな要素が重なることで、細密なでぃてぇ~るがっ!ってことになるんでしょうが、NEOPANは、やはり一頭地抜けておりますね。

んで、今日は、一本木?なので、真正の一本木も。

一本木

こちらは、真正の一本木でいいっすよね(笑)

実はこの写真、現像でちょっと失敗してまして…なので、あわせ技一本!ということで使わせていただきました。

写真の右上の部分が現像ムラ?のような感じなっております。

この原因は、はっきりしていて…ドラムにフィルムを巻く際に、やり直した部分なんですわ。

自家現像一本目だったので、全く自信がなく…巻き始めの部分を二度ほどやり直しんですが、フォルムが若干曲がってしまったんですよねぇ~アハハ

今回は、そのままですが…このくらいならポスト現像でゴマカシが効くかなっと(笑)


東京お写んぽ!

2013年10月19日未分類

秋葉原にて

自家現像+NEOPANという組み合わせの場合、当たり前ですが、色に頼ることができないので、光と影のコントラスト、被写体の形状やディテールみたいなことを強く意識するようになりました。

そんな視線でうろうろしているので、これまで見えてなかった被写体や構図に出会えるようになったような…

むぅ~書き出しておいてなんですがっ!

なにが言いたいのかよくわからなくなってきた…アハハ

とりあえず、今日は東京で撮ったお写んぽスナップであります…ナンノコッチャ?

神田にて自転車を撮る

神田駅界隈

まぁ~なんでもいいやっ!

とにかく、こんなような写真を撮るのも面白い訳ですよ…ナハハ

ああぁ~これら写真も、もちろん、自家現像ね!いい加減しつこい!っていうのは無しで(笑)


家族の肖像

2013年10月18日未分類

家族の肖像

休日の公園、木陰でピクニックの若い家族。

我が家も10年位前は、あんな感じだったなぁ~と、しばし感慨にふけってしまいました。

我が家の末っ子も小学五年生でして、あと一年と少しで中学生であります…いまは、まだ、パパ!パパ!といってくれますが、段々親離れしていくんですよねぇ~

この写真の家族のようなころは、三人してまとわりついてきて大変でありましたが、思えば一番たのしかったのかもしれません。

家族の関係が濃密だった。

じゃぁ~今が希薄なのかといえば、そういう訳ではないのですがね。

家族にも年齢があるんだよなぁ~

うちの家族年齢は、ようやく大人の家族にさしかかったあたりかな…おかげで、自分たちよりも少し若い家族を振り返る余裕がでてきたんでしょうね。

「…」?

おっと!いかん!いかん!忘れるとこだったわ!!

もちろん、この写真も自家現像ねっ(笑)自家現像最高!ヒャッホォ~!!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。