失敗写真の定義

2013年8月23日未分類

どれもこれも一般的には失敗写真なのですが…

一枚目:前ピンもしくは手ぶれ、加えてもう少し手前に人物をいれればよかったような…

二枚目:明らかに前ピンであります!

三枚目:ピンはともかく、ひどいフレアにゴーストもでてます(汗)

とまぁ~ダメな点をちょっと挙げるだけでこんな感じなのですが、なぜか、今の僕の基準では、失敗とは言い切れないような気がしているのですよ。

うまく言えないのですが、写っている人が生きているんですよね。

なので、失敗ではない!っと。

むろんカラーで、そのままプリントなんかしたら失敗だぁ~って感じなのでしょうが、現像でモノクロ化したり、彩度を落としたり、ビネットしてみたり…そういうことで写真が生き返るというか。

中判だから、Rolleiだからとかそんな簡単な話ではなく、どちらかというとおいらの意識が変わってきている?

がぁ~取り留めのないエントリーでありました(笑)


8件のコメント

  1. 風つかい より:

    3枚目の写真、傑作といっていいと思います。
    2人が生き生きとまるで浮遊しているかのようにも見えますね。
    男の威勢のいい歩き方、女の右手がその男につかまっている。
    いろんな見方ができます。
    逆光で、煩雑なものは全てつぶれて、世間に向かう二人の歩みのみが
    クローズアップされています。
    う~ん、面白い写真です。

    • Ricky007 より:

      風つかいさん、こんばんわ。
      傑作とは…ありがとうございます。
      以前なら、迷わず失敗写真にしていた写真たちですが…そう!面白いんですよね。
      こういう写真を面白いと感じられるってところに、また、面白みがあるというか…写真は奥が深いです!!

  2. 皐月の樹 より:

    いや~、いずれも素敵なスナップです!
    私も、風つかいさんと同じく、3枚目が大好きですね~!
    二人を包みこんでいる光と影のバランスがとても良く、二人の一瞬が印象的に写し撮られてますね~!
    素敵なお写真、ありがとうございます!^o^/

    • Ricky007 より:

      皐月の樹さん、こんばんわ。
      あざ~す!
      なんでしょうねぇ~こういう写真でもいいんだぁ~って気持ちになります!
      気楽に思い通りに写してみる…自然にカメラを構えることができそうです!!

  3. film-gasoline より:

    私も同じく素敵なスナップだと思いますよ~♪
    やはり逆光の3枚目が好きです。
    出そうと思って出せるフレアじゃないし、そういう偶然が加わっていると俄然生き生き見えますね。
    傑作です(^^)v

    • Ricky007 より:

      film-gasolineさん、こんばんわ。
      あざ~す!
      傑作かどうかはともかく…人が生きている!っていうのはポイントだと思うのですよ。
      確かに、フレアとかねらって撮るのは難しいですからねぇ~
      偶然の産物に感謝したほうがよい!と考えることにします!!

  4. Pic-7 より:

    写真の中の人が生き活きイキしてたら、失敗写真じゃないです!
    The Beatlesの有名なポスター(写真)でも、4人がカメラマンが思っていた以上に速く歩いてきたせいか、
    思いっきりピンボケの作品があります。
    でも、4人が4人ともすごく楽しそうで生き生きとした表情をしていて、とってもいい写真なんです。
    逆にピンとが合っていなくても説得力のある写真を撮れる人って、そうそういないんじゃないでしょうか?

    • Ricky007 より:

      Pic-7さん、こんばんわ。
      ありがとうございます!
      ピンがあってなくても説得力のある写真…意図してとれるようになりたいです(笑)

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。