帰り道

2013年8月21日未分類

世界で一番好きな道は「帰り道」です!っていう名コピーがありましたが…

帰り道を急ぐ人々には、なにか温かさみたいなものが感じられて…思わず撮影してしまいたくなります。

折角のぷらな~ですからね。人々の営みをたくさん撮影したいものです。

 

 


10件のコメント

  1. 皐月の樹 より:

    帰り道・・・と聞くと、「Home」という歌を思い出してしまいます。
    か~え~ろうか~♪もうか~えろう~よ♪・・・って、ヤツですね^^;

    そんな素敵なシーンですね~!
    白い日傘を持った女性が、夏という季語のように嵌ってますね~。
    真四角の世界がぴったりです!v^o^

    • Ricky007 より:

      皐月の樹さん、こんばんわ。
      真四角の世界…Rollei…フィルム…いろいろな理由があるんでしょうが、撮りたいもの変わって来ましたね(笑)
      特に…人を撮りたい!って強烈に思います。

  2. film-gasoline より:

    夕暮れの帰り道ですね♪
    日傘をさして歩く女性がとても素敵です~(^^)
    わたしもこういう自然なスナップ撮りたいな~。
    それにはやっぱりウエストレベルファインダーですね(汗)

    • Ricky007 より:

      film-gasolineさん、こんばんわ。
      ウエストレベルファインダーの威力ですよぉ~(笑)
      Fにこだわらなければ、結構、あると思いますけどねぇ~ヒヒ
      っと言ってみる。

  3. 黒顔羊 より:

    おねぃさんの日傘がまじ暑そうですね。
    6×6、中でも二眼レフはポートレートフォトグラファー御用達ですね。
    ヘルムート・ニュートンとか リチャード・アヴェドン、ウォーカー・エヴァンス、ロバート・メープルソープ、エド・ファン・デル・エルスケン、ロベール・ドアノー・・・
    み~んなRolleiflexだじょ~♪
    あ、ダイアン・アーバスもMamiya C33の前はRolleiflexでした。^^v
    俺も人が撮りたい~。
    問題はどうやってモデルを確保するか、ですね・・・
    ここはやっぱり・・・ストリートポートレートをやりますかあ♪
    ストポー、軟派と紙一重なので、所帯持ちのおっさんがやるにはちーと厳しいんですけど、秋になったらやってみっかなあ。^^

    • Ricky007 より:

      黒顔羊さん、こんばんわ。
      そうなんですよねぇ~やはりポートレートなんですよ!!
      Rollei持ってから、非常にその欲求が高まっております!!とりあえず、かみさんとか子供とか、盗撮まがいの写真を撮ってますがっ!
      モデルさんなんですよねぇ~問題はっ!
      ストポーっすかぁ~!
      なかなか勇気がでませんねぇ~単なる変な親父にみられそうで…
      やっぱ「写真とらせてもらえませんか?」って声かけるんでしょうかねぇ~?

  4. Pic-7 より:

    Nothing’s gonna change my world…but 6*6 is!

    • Ricky007 より:

      pic-7さん、こんばんわ。
      あざ~す!
      この曲すきなんですよねぇ~!
      好きな道は帰り道…にこの曲を合わせるセンス!
      三井不動産のCMだったと思うのですが…お気に入りです。
      で、その世界観が表現できる写真を撮ってみたかったので…そこそこ満足しております(笑)

  5. 風つかい より:

    前に見せた頂いたホームでのスナップとか、今回の路頭でのスナップ、
    訴えてくるものがありますね。不思議なんですが66を持つと人を絡めて
    撮りたくなります。きっといつも持ち歩いていればチャンスはある、なんて思っているのですが
    やはりなかなかそんなうまい具合にはいかないですね。
    秋になるとサーファーが戻ってくるので、まずはそれをと考えています。

    • Ricky007 より:

      風つかいさん、こんばんわ。
      そうですよねぇ~ほんとに不思議なのですが、人が撮りたくて仕方ありません。
      以前は、むしろ、人を入れない写真ばかり狙っていたのに…(笑)
      私も常に持ち歩いておりますが、なかなかチャンスがありません。
      もっともチャンスがあり過ぎるのも、フィルム代やら現像代やらがかさむので、そこそこチャンスがあるってくらいがいいんですが…ハハ

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。