被写体との間にあるもの

2013年7月22日未分類

二眼って、これまで使ってきたカメラとは、感覚が全然違っていて…

これまでは、さぁ~写真をとるぞ!っていう感じで、ファインダーに集中!被写体と自分の間にカメラがあるって感覚。

二眼は、被写体と自分との間にはなにもなく、そこに第三者的にカメラが存在してるって感覚なんだよね。

大げさではない感じ?って言えばいいのかなぁ~!むぅ~自然な感じ!ってほうがいいかも。

機能的なことも含めて、それぞれの長所、短所はあるんだけど、僕のような写真を撮る人(僕のような写真ってなに?っていう突っ込みはなしで!あくまでも僕のなかの感覚ね!スナップ的な写真みたいな…)には、この二眼の撮影スタイルがとてもフィットするんだよね。

って、感化されやすいなぁ~俺っ…ハハ(汗)


8件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    お~、リコーフレックス、本当に良い仕事をしますね~♪
    このトーンの緻密さ、キレの良さ、自然なパースペクティブ・・・きょうびのデジタルには出せない味だなあ。^^
    そう、二眼レフと言うか、ウェストレベルファインダーの良さは、被写体にカメラを意識させない自然さでしょうね。
    と言いながら、最近、Rolleiflexではパンフォーカスに絞ってスポーツファインダーで撮ることも多いんですけどね。^^;

    • Ricky007 より:

      黒顔羊さん、こんばんわ。
      ほ~んといい仕事してくれます!
      僕を66の世界に引き込んでくれた恩人ですね。
      しかし…気持ちはローライに向っておりますが…私、テッサー3.5で逝きます!

  2. film-gasoline より:

    いいな~
    こういうありふれた生活の瞬間が真四角の中に納まっている。
    まるで写真の中で生きているような臨場感!
    リコフレ、やっぱり凄いですね~♪
    といか、あっという間に使いこなしているRicky007さんも凄い(^^)
    見事ですわ~(^^)v

    • Ricky007 より:

      film-gasolineさん、こんばんわ。
      あざ~す!
      リコフレに日々鍛えてもらってます!
      ってか66の世界!ほんとに気持ちがいいんですわ。

  3. 風つかい より:

    来ましたね! 人を入れたスナップ。新鮮です。
    同じ場所にいながら、それぞれの人がすべて違った方向を
    見ているところが面白い。そしてなんといっても手前の
    おねぇさんのちょっと艶っぽいポーズ。
    それぞれの人生模様が暖かい視線で捉えられています。
    第1弾から、レベルが高いですね。

    • Ricky007 より:

      風つかいさん、こんばんわ。
      いやぁ~ありがとうございます!
      風つかいさんの人物写真に感化され…人を入れるのって楽しいです。
      それにウエストレベルファインダーだと自然に撮れるので…人写真増えそうです!!

  4. Pic-7 より:

    >被写体と自分との間にはなにもなく、そこに第三者的にカメラが存在してるって感覚
    >スナップ的な写真みたいな…
    Rickyさんの今日の言葉を読んでいると、二眼カメラって僕にも合ってそうな気がします。。。
    う~ん、益々欲しくなってきた!

    感化されやすいなぁ~僕っ…ハハ(汗)

    • Ricky007 より:

      Pic-7さん、こんばんわ。
      そう!
      Pic-7さんにも、あっているとおもいますよ!
      決して使い勝手はよくないですが、じっくりでありながらも自然体で撮影できるんですよね。
      しかも6×6ですから、そこはもう中判の世界なんですよ!
      楽しいですよ!

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。