赤は男ツールの定番なのかっ!

2013年7月2日未分類

男のツールの定番色は赤なんでしょうね!

燃える男の赤いトラクターもそうですが、こういう工具類には赤いものが多いですよね。

デザインの仕事をしている感覚では、赤い色って結構使いにくい場面が多いのになぁ~。

「男の色は?」と聞かれて、「赤」とこたえる人は、ごく少数だと思うけど…なぜかこういったものにはよく似合うんだよねぇ~!!


8件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    あはは、そーいやゴツい機械は赤が多いような気がします。
    でも、ファッション性で赤いわけではなく、注意を喚起するためなんじゃないかなあ。^^;
    緑が卓越する畑の真ん中だと、マッセイファーガソンみたいなトラクターはよく映えます。
    また、雑草が繁茂する場所でもチェーンソーは目立ちますよね。
    フェラーリと同じレベルじゃないのかも~。^^;;;

    • Ricky007 より:

      黒顔羊さん、こんばんわ。
      そうなんですよねぇ~注意喚起、なるほどぉ~
      確かにマッセイ君やヤンマーのトラクターは目立ちますもんねぇ~!
      男の血を滾らせる色…なので赤!ってのはどうでしょうかっ!
      おっ!そういえばフェラーリも赤ですねぇ~やはり男の血を滾らせる?!

  2. film-gasoline より:

    おおおっ!
    また面白いものを撮ってますね~(^^)
    これまた目の前に置いてあるような臨場感です。

    確かに男のツールは赤が多いですね。
    アメリカの一流工具メーカーのスナップ・オンも赤いツールボックスがトレードマークでした。
    でした・・・
    というのは最近は黒、黄色、緑、挙句の果ては純白なんてのも出てきました^_^;
    これはもうファッション性からだと思いますが・・・
    初めはこのチェーンソーと同じく、目立つように赤だったんだと思います^_^;
    しかし、今や工具箱は赤ではありきたりで目立たないし売れないんですね。
    私の周りを見ていると黒が主流のようです(^^)

    • Ricky007 より:

      film-gasolineさん、こんばんわ。
      行きつけのうどん屋さんの店先にポ~ンと置いてあったので、すかさず盗撮してきました(笑)
      やはり赤は注意色ってことなんですかね。
      そういやぁ~最近のツール類は、ファッション性のあるカラーリングになっている気がしますわ。
      私なんぞは素人なんで、ホームセンターのツールコーナーあたりで見かけるようなもんばっかですが、film-gasolineさん世界でもやはりそうなんですね。
      黒とステンレスの地金の色とか合いますもんね。
      でも、やはり男の血を滾らせる色は…赤ですよねっ!

  3. Pic-7 より:

    そう言われれば、Man’s Tool(男の道具)には赤ってふんだんに使われています。
    武士の世の鎧でも、赤糸縅なんてのもありますし、
    サッカーのユニフォームでも、統計的に赤色の方が勝っていたり、、、
    赤って意外に男の色なのかもしれませんね。

    p.s. BGMが壊れかけのRadioになりました♫

    • Ricky007 より:

      Pic-7さん、こんばんわ。
      そうでしょ!赤なんですよ!!
      おおぉ~武士の鎧、ユニフォーム…確かに!
      男の赤!間違いない!!って古!!!
      むぅ~徳永聞こっ!

  4. 皐月の樹 より:

    赤・・・と聞いて、私が真っ先に思い浮かぶのは・・・月並みですが^^; 情熱の赤でしょうか。
    でも、こういう男の道具の赤の色は・・・黒顔羊さんが正解だと思いますね~!^o^
    目を引く、ということが目的なんだろうと思います。

    ただ、それが定着してしまうと、“男の赤”というイメージが付きますね!

    よく考えると、赤って色んな象徴になってますよね~。
    60歳を迎えると、赤いちゃんちゃんこ。
    社会主義国の赤
    赤十字の赤
    ・・・赤っ恥の赤・・・なんちゃって^^;

    • Ricky007 より:

      皐月の樹さん、こんばんわ。
      注意色であり、また、めでたい色でもあるんでしょうね。
      しかし、よく考えると、赤にはいろんな意味合いがありますね。
      その中に「男の赤」も加えておきましょう!

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。