よみがえる極彩色の世界#2

2014年9月30日未分類

K5S24550_140913

K5S24536_140913

作:左甚五郎

(熊谷市/妻沼聖天山)


6件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    お~、違うアングルから・・・
    和風の色使い、派手なはずなんですが、さほどけばけばしく感じないです。
    渋い中にも華やかさがある感じなんですよね。
    造形はさすがに左甚五郎、ぎっちょじゃないのに左手でこんなダイナミックな作品を残すとは・・・
    もし右手が使えていたら恐ろしいことになったでしょうね。^^;

    • Ricky007 より:

      そう!どこか落ち着いているんですよねぇ~
      和の色彩は、不思議です。
      やっぱDNAに刻まれているのかっ!
      左甚五郎…そうなのかっ!左で彫るのですね!!知りやせんでした(笑)

  2. gucci より:

    下からのまくり良いですね〜
    さりげない木の影とのコントラストも風合いを強調します(^^)
    色々なアングルから探りたい物件ですね〜
    近いし、また、行きたいな〜

    • Ricky007 より:

      gucciさん、こんばんわ。
      そう!木の影!これ狙ったのですよ。
      なんとなくいい感じでしょ(笑)
      また行きましょう!
      ちょろっと行くには、ここは最適です。

  3. Round Walk より:

    Ricky007さん、こんばんは。
    東照宮と似ている造りですね。
    色合いなんて一緒ですもん^^

    645買わないんですかー(笑)
    Ricky007さんはフルサイズより中判の方が合ってる気がします^^

    • Ricky007 より:

      Round Walkさん、こんにちわ。
      そう!東照宮と作者は同じなんですよ。
      左甚五郎です…もっとも創建された年代が100年ほどはなれているので、東照宮を作った人物の何代目かの弟子だと思います(笑)
      いやぁ~買わない…買うと思いますよ!!
      ただ、予算が…どっちも欲しい(笑)

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。