よみがえる極彩色の世界#1

2014年9月29日未分類

K5S24528_140913

K5S24525_140913

作:左甚五郎

(熊谷市/妻沼聖天山)

K5S24561_140913


4件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    うぉ~、和の鮮やかな色彩、大好物です~♪
    西洋の派手さとは違う、どすの利いたシックな派手さなんですよね。
    こりゃ魅力的な被写体なんであります。
    なるほど、左甚五郎ですか・・・北関東には彼が残した作品が結構あるんでしょうか。
    ↓力感みなぎってますねえ、迫力あるわ~♪
    そーそー、インタビュー記事が載ってましたね。
    もし135判フルが出るのであれば、645Dとカニバるよなあ・・・
    135判の方がレンズ設計自由度が高いし、もしKマウントなら、明るいレンズがつかえますしね。
    ボケの大きさだけなら135判フルの方が有利なんじゃないでしょうか、悩みますよね。

    • Ricky007 より:

      黒顔羊さん、こんばんわ。
      和の色彩って独特ですかねぇ~
      そういえば…PENTAXの雅ってのがありましたね!

      645Dとねぇ~
      カメラとしてというより…予算が被る…アハハ

  2. gucci より:

    素晴らしい彫刻でしたよね〜
    流石国宝でした(^^)

    見事な切取りです(^^)p
    ちゃんとDA15mmでの切取りもやってたんですね〜気が付かなかった〜

    ↓言い忘れましたが、両方ですってw
    レンズあるんだから〜w

    • Ricky007 より:

      gucciさん、こんばんわ。
      そう!国宝ですからねぇ~♪
      そういえば、DA15は超久しぶりの出動でしたよ。
      でもやっぱ立体感はFA77ですね。

      両方?!予算があれば…汗

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。