ネガでも浮遊させてみた

2013年6月20日未分類

KodakのEktar100使ってみたよ!

いやぁ~やっぱネガのラティテュードは、半端なく広いね。

Proviaで背景の空なんかを飛ばしまくってますんで、失敗できない時用に、ネガも使えるようになっておこうという趣旨なんですわ。

なんとかポストプロセスのコツも見えてきたし、何より現像が早い安い!

なっなっなんと!行きつけのカメラ屋さんなら一時間で現像してくれます!

まぁ~被写体のほうは、あいかわらずでして…またもや浮遊感に挑戦であります。

前回の自転車の時よりも、精密にっていうか、後ピン傾向のある自分の癖を意識したお陰でピンはきてまして…若干、こちらのほうが浮きがいいかと…これまた自画自賛であります。


6件のコメント

  1. 皐月の樹 より:

    そうですね~!
    ネガの方が、背景のハイライトの粘りがスゴイッスね~!
    色味も、ポジに負けないくらいにしっかり乗ってますね~!Ektar100・・・これfilm-gasolineさんも使ってらっしゃいましたね~。色の出方が凄いですね~!
    私も使ってみたくなりました^^;

    こちらのピントの切れ、仰るとおりばっちりですね!さすがです!^^;
    浮かびまくって、今にも走り出しそうです!

    • Ricky007 より:

      皐月の樹さん、こんばんわ。
      やっぱネガのラティテュードは半端ないですわ。
      少々のオーバー、アンダーはぜ~んぜん平気の平左でございやす!!
      ProviaやVelviaの発色にはかないませんが、逆光局面でも遠慮なくつかえます。
      そうなんです!film-gasolineさんの写真を見て使ってみました!!
      まずまずの発色、粘るハイライトとシャド~…用途によってはありですよ!
      フィルムの現像も安いですしね(笑)

  2. film-gasoline より:

    おおっ!
    今までよりさらに浮遊してますね(^^)
    面白いな~♪
    Ektar100試してくれたのですね。
    発色はポジにはかないませんが、フジとは違ったビビットな色合いが面白いですよね。
    超が付くほどの微粒子もポイント高いです(笑)
    しかし、凄い勢いでフィルムの消費してますね(^^)

    • Ricky007 より:

      film-gasolineさん、こんばんわ。
      Ektar100やってみました!
      現像も1時間くらいでやってくれるし、しっかり発色してくれるので、今後も重宝しそうです!ありがとうございました!!
      フィルムの消費…いやぁ~どうもまだ645のピンの決め方がうまくなくてですねぇ…そういうのもあり、修行と割り切って撮り捲っております。
      まぁ~面白くて仕様がない!!ってのが、ホントのとこなんですがっ(笑)
      実は、今日も一本撮っちゃいましたっ!
      今日のピンの歩留まりは13枚/15枚だったので、ようやく合格かなぁ~という感じであります。
      むぅ~フィルムを消費する言い訳がなくなるなぁ~(笑)

  3. 風つかい より:

    あー コメントを(少し長文)アップしようとしたら
    キャプチャー失敗で消えてしまいました。ウー、、、、

    カラーネガフィルムの発色、自然でいいですね。今度挑戦してみよう。

    やっと現像できるようになりました。

    ライトルーム使いこなせません。

    GTX-770 思うように動いてくれません。

    中判カメラ、最高に面白いですね!!!

    ricky007さんたちが、はるかかなたに思えます。

    要点だけですいません。

    • Ricky007 より:

      風つかいさん、こんにちわ。
      あらら…消しちゃいましたかぁ~(涙)
      ネガもなかなかなもんですよ。是非、お試しアレ!!
      現像できるようになりましたかっ!凄いなァ~。
      モノクロは現像に出しても時間がかかるので、自家現像もありなんですよねぇ~フ~ム
      ライトルームもスキャナーも逃げていきませんから…ゆっくりじっくりでいいんじゃないでしょうか。
      はるか遠くでは、全然ありませんよ。
      カメラが、写真が好きなら必ずものにできます(笑)
      私は、SILKYPIXを使っているんで、ライトルームのことはよくわかりませんが、スキャナーは同じなので、いろいろ情報は提供できると思います。
      バンバン聞いちゃってくださいね。

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。