自家現像三本目!現像ムラがぁ~!!

2013年10月17日未分類

C57「貴婦人」

お、おら、ついにやっちまっただ!

右端に…現像ムラだよね…トホホ

まぁ~これまでの二本が成功だったのもあって、油断があったのですよ (´ ▽`).。o♪♪

まっ!この程度!気にしない (≧ヘ≦)フン

気を取り直して…こちらは熊谷のデゴイチとは違ってしっかり保存展示されているC57、別名「貴婦人」であります!

行田市はしっかりしてますね!熊谷とは大違いであります。

C57「貴婦人」

同じ柵でも熊谷とは違いますわ。

もちろん、それなりに錆はありますが、草も刈られていて敷石もきれい!丁寧に管理されているようです。

C57「貴婦人」

お花なんかも植わっておりまして…

こうも違うと、熊谷のデゴイチがぁ~そぞろ哀れに思えてきますねぇ “(/へ\*)”))ウゥ、ヒック

熊谷のデゴイチのためにやってあげられることはないもんですかねぇ~

これ見よがしに、一万円くらいを熊谷市役所にもっていって「デゴイチの保存に役立ててください!」とか言って寄付してみるとかっ!

一万円ということがセコイかなぁ~ハハ


14件のコメント

  1. Pic-7 より:

    この位の柵ならば、展示物、熊谷の方は囚人の公開処刑のように違いを感じます。
    その違いは違いで面白いとも思いますけれども…
    自家現像は失敗のドキドキ感も含めて楽しそうですねー。

    • Ricky007 より:

      Pic-7さん、こんにちわ!
      ねぇ~行田市のC57は幸せですよぉ~熊谷のデゴイチがかわいそう…悲
      おおっ!自家現像に感染ですかっ!
      撮影して即現像!しかも安い!加えて、現像の緊張感、ワクワク感…たのしいっすよぉ~!!

  2. 風つかい より:

    あ、出ましたね、現像ムラ。ハハハ、気にしない、気にしない!

    でも、たぶんRickyさんのことだから、追求しますよね。私の経験からいうと、多分倒立撹拌の不足、
    または、丁寧過ぎ。思いっきりひっくり返しながら下に向けて振り下ろすようにするといいのかな?
    それと、機材についてですが、現像タンクを35mm3本用に変更する。液が全量反転できる空間を
    確保することで、解決するのではないかと思います。
    違ってたらゴメン。
     きょうの写真もダイナミックで、質感も非常にいいですね。やっぱりローライ、アクロスの組み合わせは
    素晴らしいです。

    • Ricky007 より:

      風つかいさん、こんにちわ。
      アハハ!でちゃいました(笑)
      なるほどねェ~そういう原因も考えられるンデスネェ~
      たしかに、三回目ってのもあって、ちょっといい加減だったような…ナハハ
      いろいろ可能性を考えてみているんですが、ドラムに巻いたとき、ちょっと今回は、巻きに迷いがあったんですよねぇ~なので、始めの巻き始めの部分が曲がっていた可能もあるかなぁ~と。
      あと、現像液が三回目で目減りしていた可能性も…
      次回は、(1)巻きはじめの部分を慎重に検証する(2)現像液をタップリ入れる(3)風つかいさんのアドバイスに従って「攪拌」をしっかりやる!
      この三点を気をつけてやってみます!!

  3. Round Walk より:

    Ricky007さんが撮るSLの写真見てると、写真集見ているみたいで楽しいです。
    ここは保存状態が良好で、手入れもきちんとされてるようですね。
    現像ムラって言われても全然気がつきませんでした。
    逆にいったいどこの事をいっているのかと(笑)

    • Ricky007 より:

      Round Walkさん、こんにちわ。
      おおぉ~ありがとうございます。
      現像ムラ…そんなに気になりませんか?よかった。
      まぁ~この程度ならありだなぁ~とは思っているのですよ(笑)

  4. 真龍 より:

    今日はC57ですか 個人的にはいちばん好きな機関車ですね
    大きな動輪にスリムなボイラー 運転台まわりも端整で・・・
    ほんとに「貴婦人」の愛称にふさわしい美しい機関車です ^^
    現像は少しムラでましたね どんまいです 巻きかなと思いました
    私はブローニーでよくフィルムの上と下が違う筋に入ってました 
    半分くらい巻くと違和感がでて気づくのですが・・・ ^^;

    • Ricky007 より:

      真龍さん、こんにちわ。
      そうですねぇ~D57の流れるようなフォルムは今みてもカッチョいいデスネェ~
      やっぱC系列は美しいです。
      はい!でちゃいましたっ!
      巻き…かもですねぇ~
      次回は、全ての工程を丁寧にやってみようと思います!
      今回は、若干、油断がありました(笑)

  5. film-gasoline より:

    フムフム・・・
    現像の失敗というのはこういった感じなんですね。
    この程度なら、それほど恐れる事もないのかも知れませんね。f(^_^)
    見事な立体感!
    大事に管理されているのが伝わってきます。
    D51もなんとかして上げたいね〜^^;

    • Ricky007 より:

      film-gasolineさん、こんにちわ。
      そうなんですよぉ(笑)
      まぁ~この程度ならね…コストや即時性なんかのメリットには変えられません…ハハ
      ここはキチンと管理されているのに…デゴイチは…かわいそうです。

  6. 黒顔羊 より:

    まあ、ムラが出てもこのぐらいならポストプロセスでなんとかなる・・・ならんか。^^;
    行田にはC57が保存されておりますか。^^
    確かに、丁寧に保存されていて、行政がしっかりお金をかけてる感じが見てとれます。^^
    熊谷のD51は・・・とりあえず市民運動でしょうかねえ、「みんなで守ろう貴重なSL]って。

    • Ricky007 より:

      黒顔羊さん、こんばんわ。
      まぁ~どうしてもいやならトリミングって手もありますし…気にしません!笑!
      行田市は、熊谷市の隣の市なんですが、私のいるところからは非常に近いのですよ。
      で、デゴイチとC57のこの差はっ!
      やっぱ、運動始めなきゃですねぇ~
      むぅ~動くかっ!

  7. 皐月の樹 より:

    ん~!やっぱりローライ2.8Dの描写、ものすごい迫力なんでございます!^o^/
    立体感、ハンパ無いですね~!

    ・・・そして、その迫力にも負けない、ricky007さんの自家現像押し!!!
    ハンパ無いですね~^^;;;

    • Ricky007 より:

      皐月の樹さん、こんばんわ。
      自家現像押し!11月をお楽しみに!!
      感染確実ですよっ!!
      アハハ!

Ricky007 へのコメント

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。